Subscribe

バルセロナの今!

最近バルセロナで思うのは、本当にアイスクリーム屋が多くなってきた。というよりも、アイスクリーム屋、ハンバーガー屋、Tienda China ( 中国人経営の100円ショップ)、あとは日本で言うコンビニ。あとは、観光客相手のお土産屋さん。もうこれしかないんじゃないかと思うほど、数が多い。またどんどんと新しいのが出来てくる。家の近所、徒歩2分以内で行けるコンビニが5−6件ある。こんなに近くにあって商売になるのかというほどだ。それも売ってるもんは何処も同じ。。。

あと気づくのは近所の昔からあるカフェがどんどんと中国人経営になってきてる。スペインというのは本当にカフェが多いところで、まあヨーロッパはどこも多いけど、そこら中にカフェがある。それらのカフェが昔からの名前をキープしつつ中で働いてる人が皆中国人。何が面白いかというと、Cafe Juanともろに典型的なスペイン人の名前のバーにアジア人の顔の中国人が働いてる。日本で言えば「◯◯太郎」とかいう定食屋に金髪のオランダ人が働いてるような感じがする。結構そのがギャップがうける。

0 comments
Submit comment